事前準備・マナー・質問総集編 初めての中途採用面接

中途採用に応募しようと準備中の方や、これから中途採用面接に挑む方のなかには、面接に対して不安を感じている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、初めて中途採用面接を受ける人向けに、「事前準備編」「マナー編」「面接編」の段階に分けて、気をつけるポイントを解説します。

【事前準備編】中途採用の面接当日までの準備

この章では、中途採用の面接当日までの事前準備編として、気になる以下の4つのテーマについて紹介します。

【服装】黒紺グレーが無難・リクルートスーツはNG

【中途採用面接を受ける際の服装の例】男女ともにスーツ。男性:黒っぽいスーツに赤のネクタイ/女性:グレーのジャケットに同色のタイトスカート、白のブラウス、黒のパンプス

中途採用の面接の場合、スーツや靴、かばんといった服装・身だしなみが新卒採用と比べてシビアな目で見られますビジネスマナーを守り、清潔で健康的な印象を与えられるのがベストです。

面接の前に、必ず鏡でチェックするようにしましょう。

事前にチェックしておくべきアイテムとポイント

アイテム

ポイント

スーツ

  • 色は黒、紺、グレーが無難
  • リクルートスーツはNG
  • 体型にあったサイズのものにする
  • しわがないようにアイロンをかける

くつ

  • 汚れがないようにきれいに磨く
  • ヒールやかかとにすり減っていないものが◎

腕時計

  • 金属製のアナログタイプが最も無難
  • 革製の腕時計であれば、ベルトが黒色のものが良い
  • 金属部分はシルバー、文字盤は白や黒のものがおすすめ

アクセサリー

  • 結婚指輪以外は付けないのが基本
  • 女性は小ぶりのネックレス・ピアスであればOK

カバン

  • 華美なものはNG
  • くたびれたものは清潔感がないので避ける

※服装について詳しくは→転職時の面接の服装・マナー(スーツ編)
※腕時計について詳しくは→面接にふさわしい腕時計は?
※カバンについて詳しくは→【男女別】面接のバッグ、これが正解

【髪型】眉毛と耳が見える髪型が◎!清潔感を意識する

中途採用の面接では、「眉毛と耳が見える髪型」がふさわしいでしょう。

【(男女別)中途採用の面接にふさわしい髪型】男女ともに暗めの髪色。眉と耳が見える髪型が〇

男性の場合は、耳周りを短く切りそろえたヘアがおすすめ。前髪を上げることで、活発な印象を与えられます。眉毛を細くしすぎない程度に整え、ヒゲをきれいに剃ることで、より清潔感があるように印象付けられるでしょう。

女性の場合も、髪の毛を耳にかけ、前髪を分けておでこを出すような髪型がベター。ただし、新卒採用の面接時のように、無理に髪の毛をしばって前髪をまとめる必要はありません。メイクはスーツに合うようなナチュラルなものにしましょう。

※面接時のメイクについて詳しくは→これでバッチリ! 好印象な面接メイクのポイント5つ

【髪色】黒髪が無難!8トーン以下ならOK

面接では、黒色に近い落ち着いた髪色が無難です。美容室で染め直す場合は、8トーン以下の髪色にしてもらうと良いでしょう。

【面接時の髪色は8トーン以下で】4~6が黒髪に見えやすい

髪色だけで不採用になるということはありませんが、業界や業種によっては「うちの会社に似つかわしくない」と判断されてしまう可能性があります。ただし、金髪など社会常識的にふさわしくないものでなければ、そこまで気にする必要はないでしょう。

※詳しくは→面接時の髪色は何色が正解?|外見で落とされないために

【持ち物】必須アイテムは応募書類とスケジュール帳

中途採用面接の持ち物一覧

  • 履歴書などの応募書類(持参するように言われている場合)
    ※自分用のコピーもあるとよい
  • スケジュール帳
  • 筆記用具(ボールペン、鉛筆、シャープペンシルなど)
  • スマートフォン
  • 腕時計(黒や茶色の革、シルバーのもの)
  • 財布(現金・ICカード、身分証明書)
  • ハンカチ、ティッシュ

履歴書や職務経歴書、ポートフォリオなどを持参するように言われている場合は、絶対に忘れないようにしましょう。履歴書などの応募書類はコピーをして手元に持っておくと、面接会場に向かう電車の中などで最終確認することができます。

また、スケジュール帳も面接時の必須アイテムです。面接によっては、その場で今後の予定が決まる可能性があるからです。

※詳しくは→面接時の持ち物アイテム全集

【マナー編】中途採用の面接で気をつけるべきポイント

ここでは、中途採用面接を受ける際の立ち居振る舞いやマナーについて解説します。マナー編として、以下の4つシチュエーション別に説明します。

【受付】到着は10分前がベスト!丁寧な対応を心がけて

中途採用の面接に遅刻は厳禁。応募先の企業には10~15分前に到着できるよう、電車の乗り換えには余裕を持つようにしましょう。応募先の企業に到着したら、建物に入る前に携帯の電源はOFFに。服装や髪型などの身だしなみについても最終チェックを行いましょう。

面接開始時間の5分前ごろになったら、受付で採用の担当者に取り次いでもらいましょう。応募企業に到着したらすでに面接は始まっていると考え、受付担当・案内係の方にもハキハキと丁寧に対応するようにしましょう。

担当者に取り次いでもらう際の文言例

本日×時に、××部(担当部署)の□□様(担当者)と面接のお約束をさせていただいております、◯◯と申します。恐れ入りますが、□□様にお取り次ぎをお願いいたします。

担当者がわからない場合は、約束の時間と自分の名前を伝えた上で「恐れ入りますが、採用ご担当者様にお取り次ぎをお願いいたします」と伝えればOKです。

※詳しくは→面接の受付マナー解説|挨拶・電話で失敗しないために

【入室】第一印象が大切。第一声から大きな声であいさつを

面接では第一印象が大切です。面接する部屋に入室する際は、「失礼いたします」「本日はよろしくお願いいたします」と大きな声で挨拶しましょう。ここで大きな声を出しておくことで、緊張感が和らぎリラックスして面接を受けることができます。

入室時のマナーについて、面接官が部屋にいる場合と、先に部屋に入って面接官を待つ場合の2つのケースに分けて解説します。

入室時に部屋に面接官がいる場合

【入室時に部屋に面接官がいる場合】(1)ノックを3回し、ドアを開ける。(2)面接官にお尻を向けずにドアを閉め、挨拶&お辞儀(3)面接官の指示の後にカバンを椅子の脇に置いて座る

  1. 3回ノックして、面接官に「どうぞ」と言われてから「失礼いたします」と言って入室する
  2. ドア側を向いて閉め、向き直って「〇〇〇(名前)です。本日はよろしくお願いいたします」と挨拶する
  3. 面接官に「お座りください」など促されてから、「失礼いたします」と言って足元に荷物を置いて椅子に座る

先に部屋に入って面接官を待つ場合

【先に部屋に入って面接官を待つ場合】(1)会場の下座付近(出入り口付近)で立って待つ(2)立ったまま挨拶&お辞儀(3)面接官のあとに座る

  1. 出入り口に近い座席の横に立ち、立ったまま面接官を待つ(座って待つように指示されたら、出入り口に近い座席に座る。座る席を指定されたら、指示された席に座る)
  2. 面接官が入室したら、座っていた場合はすぐに立ち上がり、「〇〇〇(名前)です。本日はよろしくお願いいたします」と挨拶をする
  3. 面接官に座るように指示されたら「失礼いたします」と言って座る

【面接中】面接官の目を見てハキハキと結論から話す

【面接中に気をつけるべきポイント4つ】(1)面接官の目を見て話す(2)語尾を言い切る(3)結論から話すことを意識する(4)適度に相槌を打つ

面接中は、面接官の目をしっかりと見て話すようにしましょう。緊張することは仕方がありませんが、目線がきょろきょろ動くと落ち着きのない人と思われてしまいます。

質問に答える際は、「〇〇です。」「〇〇と思っています。」など、語尾をしっかりと言い切るようにしましょう。せっかく話した内容が良くても、語尾を曖昧にすると自信がないように見えてしまいます。また、話が長くならないよう、結論から端的に話すように心がけましょう

加えて、面接では話を聞く姿勢も評価されています。面接官が話しているときは自然な相槌を打つようにすると、「この人はきちんと話を聞く姿勢ができている」という印象を与えられます。

※詳しくは→面接の話し方のコツは? 練習法やアプリも紹介!

【退室】気を抜かず、最後まで見られていることを忘れずに

面接終了後は、立ち上がって「ありがとうございました」とお辞儀をしながら挨拶をします。エレベーターや会社の出入り口まで見送りをされた場合は、その場で改めてお礼を述べることを忘れずに。

コートやマフラーなどは、先方から見えなくなった場所で着るようにしましょう。

【質問編】中途採用の面接でよく聞かれる質問と回答例

【中途面接でよく聞かれる質問・流れ】「自己紹介」自己紹介をお願いします。「職務履歴」職務履歴についてお聞かせください。「自己PR」簡単に自己PRをしてください。「転職理由」転職を決めた理由を教えてください。「志望動機」弊社への志望動機を教えてください。「入社後の希望」入社後の希望をお聞かせください。

ここでは、中途採用面接でよく聞かれる6つの質問について、回答する際のポイントと回答例を紹介します。

質問1「自己紹介をお願いします」

中途採用面接でも新卒採用と同様、面接の始めに自己紹介を求められることがほとんどです。前職の経歴について説明しながら、1~2分程度で簡潔にまとめるにしましょう

自己紹介は、以下の4つのステップで回答を組み立ててみましょう。

  1. 自分の名前と前職の経歴
  2. 前職の経歴の要約
  3. 簡単な転職理由や応募理由
  4. 締めの挨拶
自己紹介についての回答例
  1. 山田太郎と申します。前職のABC株式会社では5年間、主にWebマーケティングツールの営業の仕事をしておりました。
  2. 具体的には、自社商品の新規開拓、得意先への自社製品をもとにしたコンサルティングや企画提案を行ってきました。営業目標は毎年120%で達成しており、入社4年目には広報・採用の部署への異動も経験し、顧客のみならず自社のマーケティングやブランディングについての知見も深めました。
  3. この度、さらなる需要が見込まれる「採用」の領域で、顧客にとって最適な選択肢を提示できる仕事がしたいと考え、御社に応募いたしました。
  4. 本日は、どうぞよろしくお願いいたします。

質問2「職務経歴についてお聞かせください」

職務経歴についての質問では、応募先が求める経験やスキルを持っているのかを判断されます。質問に答える際には、具体的なエピソードや数字を交えて、これまでやってきた仕事を説明するようにしましょう。

職務経歴は「仕事に関わった期間」「自分の立場や役割」「業務内容や規模」「業務の流れ」「経験を通して得たスキルや成果」などを踏まえながら答えるようにすると、イメージしてもらいやすいでしょう。

職務経歴への回答例

アパレルの販売職を1年経験した後に、現在までの4年間は店舗のスーパーバイザーとして従業員20名をまとめております。担当業務は、売上・在庫管理から店頭レイアウト作成、従業員のサポート、店舗の広報活動と幅広く行っております。

また、入社当時より対応させていただいた方の特徴やトーク内容などを毎日ノートにまとめ、お客様一人ひとりへの丁寧な対応を心がけておりました。

御社に入社後にも、前職で培ってきたスーパーバイザーとしての裏方業務の遂行力と丁寧な接客スキルを発揮し、売上アップに貢献する販売スタッフを目指したいと思っています。

質問3「簡単に自己PRをしてください」

自己PR=強みについて質問があった場合、「アピールポイント」「根拠となるエピソード」「仕事での長所の生かし方」の順に答えましょう。

「アピールポイント」は自分にキャッチコピーをつけるつもりで、「根拠となるエピソード」はアピールポイントが的確に伝わるエピソードをできるだけ具体的に話しましょう。最後に結びとして、「仕事での長所の生かし方」を入社後の意気込みを交えながら伝えます

自己PRについての回答例

アピールポイント:私の長所は慎重さです。起こりうるリスクを事前に考え、注意深く1つ1つの業務を行うようにしています。

根拠となるエピソード:現在の営業事務の仕事ではチームリーダーを務めています。業務の優先順位を整理した進捗表を作成し、チームでは毎朝担当業務の確認を欠かさず行っています。進捗表のおかげで、自分だけではなく他のメンバーの小さなミスに気づくことができ、現場からは丁寧で確実な仕事ぶりを評価されて表彰状を頂いたこともあります。

仕事での生かし方:御社の営業アシスタント業務では、今まで培ってきた丁寧に仕事を進めていく力や、着実に仕事を仕上げる姿勢を生かし、貢献していきたいと考えています。

※詳しくは→長所の上手な答え方のコツ&例文

質問4「転職を決めた理由を教えてください」

転職理由についての質問には、前職に対する不平不満は交えず、前向きな言葉を使って論理的に話すように心がけましょう。

転職理由として多い「残業が多かった」「給与を上げたい」などの理由は、そのまま話すのはNG。「効率的に業務を進めて成果を上げたい」「実績を評価してくれる会社で働きたい」など、意欲が伝わるような言葉に言い換えるようにしましょう

転職理由の回答例

前職は残業や休日出勤が多く、スキルアップのための時間を取ることがなかなか難しい状態でした。

将来的には、UI設計やデザイン改善に関する専門的なスキルを身に着けたいという気持ちがあったので、効率的に働くことが評価され、なおかつ資格取得への支援制度が整っている御社への転職を考えました。

それ以外の転職理由について、「そのまま伝えても問題ないもの」と「他の理由に言い換えたほうが良いもの」の2パターンに分けて解説します。

そのまま伝えても良い転職理由

  • キャリアチェンジをしたい
  • 専門知識/技術力を習得したい
  • 倒産やリストラ

「キャリアチェンジしたい」「今までとは異なる領域で自分の経験を生かしたい」など、転職で叶えたいポジティブな理由がある場合は、そのまま伝えてOKです。ただし、「自分を採用することで応募会社にどのようなメリットがあるのか」が伝わるように話せると良いでしょう。

「倒産やリストラ」などの理由は、その事実自体が不利になることはありませんが、いかに今までの業務内容や実績を前向きに話すことができるかが重要になります。会社の業務悪化に対して自分が行った努力や挑戦などを交えて話せると、ポジティブで意欲的な印象を与えることができるでしょう。

そのまま伝えるのは避けるべき転職理由

  • パートナーの転勤
  • 結婚や育児などの影響で働き方を変えたい
  • 人間関係でトラブルがあった
  • ケガや病気によって業務に支障が出た

「パートナーの転勤」や「結婚・育児による働き方の変更」などはあくまで転職のきっかけとするのがベター。それを第一の理由とするのではなく、自分のスキルがどのように生かせるのか、どういったことで貢献していきたいのかを伝えると良いでしょう。

「人間関係」や「病気による退職」といった、今後の業務に支障が出ることが懸念される内容は他の理由に言い換えるほうが無難です。たとえ自分に非がなかったとしても、「そういうことが起こった」ということ自体がネガティブな印象になってしまう可能性があります。

※面接理由の答え方について詳しくは→面接での退職理由の話し方まとめ

質問5「弊社への志望動機を教えてください」

面接官から志望動機を尋ねられたときは、まずはその企業に応募した理由を端的に話すようにしましょう。続いて、志望理由に至ったきっかけとなる経験や、貢献できるスキルを伝えます。

志望動機は、以下の3つのステップで回答を組み立ててみましょう。

  1. 応募先の志望理由
  2. 志望理由に至ったきっかけとなる経験
  3. 貢献できるスキル
志望動機への回答例
  1. 多様な保険商品を扱う代理店ということで、多くの選択肢からお客様主体で自分にあったプランを選んでいただける御社のビジネスモデルに共感しました。また、そこに介在する保険トータルコーディネーターという職種の価値の高さを感じ、志望させていただきました。
  2. 前職では自社商品のみを取り扱っていたため、お客様の中には自社のものではご希望に沿うものがなく、残念ながら満足の行くご提案ができないこともありました。そこから、今後はどんなお客様に対しても満足のいくご提案をしたいと感じるようになりました。また、お客様第一主義を掲げる御社であれば、自分の理想とする仕事ができると考え、志望した次第です。
  3. 前職では、競合との比較から自社商品の魅力をプレゼンする能力を評価されておりました。御社でもそうしたプレゼン力を生かし、一日でも早く即戦力となれるよう努力していきます。

異業種に転職する場合は、面接で業界知識について問われる可能性もあります。説得力のある志望動機を組み立てるためにも、面接を受ける企業の情報だけではなく、業界規模や競合他社の情報などもきちんと把握しておきましょう。

異業種転職の際に確認しておくべきポイントは、以下のとおりです。

ポイント

内容

市場規模

  • 年間売上額
  • 今後どのくらい成長の見込みがあるか

ビジネスモデル

  • 誰に、どんな商品・サービスを、どうやって提供しているか

業界を構成する企業

  • 志望企業は業界で何位か
  • 競合企業の状況

業界の強みと弱み

  • 景気に左右されやすいか
  • ターゲットとなる顧客の幅の広さは
  • 離職率はどれくらいか

質問6「入社後の希望をお聞かせください」

入社後の希望に関する質問は、応募者がどういった部署でどういった働き方をするのかを判断するための大切な質問となります。

また、業界や企業について正しく理解できているのかを判断するためのものでもあるので、応募企業の事業方針や業界の動向について理解を深めた上で回答を用意しておきましょう。

入社後の希望についての回答例

まずは、主要事業である社会人向けのオンライン学習システムのルート営業で学ばせていただいた上で、将来的には顧客に合わせたサービスを新規作成し提案する企画営業部門に携わりたいと思っています。

前職での資格取得者向けに参考書やコンテンツを作成していた経験を生かして、顧客の特性を掴んだ上で、最適なサービス提供のあり方を追求したいと考えています。

コラム:逆質問で印象をアップさせよう!

中途採用面接では「最後に何か質問はありますか?」と逆質問をする時間をもらえることもあります。応募企業に対する入社意欲や、企業理念や業務への理解度をアピールする絶好のチャンスなので、事前に最低でも3つは質問を用意しておきましょう。

よくある逆質問の例は以下のとおりです。

  • 「○○様から見て、御社の強みと課題は何ですか?」
  • 「○○様は社員の皆さんに対し、どのようなスタンスで業務に臨むことを求めていらっしゃいますか?」
  • 「現在トップシェアをお持ちの○○(商品名など)について、2024年までにシェア70%を目指すというビジョンをお持ちですが、そのためにどのようなことに取り組んでおられるのか、さしつかえない範囲でお聞かせいただけますか?」

面接時に会社理念や経営方針、具体的な業務内容などの説明を受けた場合は、それに絡めた深い質問ができるとよいでしょう。

企業のホームページを読むなどして、自分が聞きたいと思ったことをまとめておくとベターです。

 ※逆質問について詳しくは→採用したくなる「 最終面接の逆質問」6選

おわりに

中途採用の面接では、前職での経験や志望動機といったよくある質問だけではなく、「仕事に対する価値観」や「他社への選考状況」「今後のキャリアプラン」などに関して聞かれることがあります。

ほかにどのような質問をされるのかを事前に予想して、面接の準備をすすめるとよいでしょう。面接対策のために、下の「中途採用でよく聞かれる58の質問事項一覧表」をぜひ活用してください。

  • HOME
  • 初めての中途採用面接~事前準備・マナー・質問総集編~